画像1: 全道日本拳法 8年ぶり2度目の優勝|名寄駐屯地

 名寄駐3普連(連隊長・武本1陸佐)は10月26日、千歳市開基記念総合武道館で行われた「2019日本拳法全道団体選手権大会」に参加した。大会はトーナメント方式で、全道から26チーム、150人が出場した。

 3普連は昨年度ベスト8だったため、今大会1回戦はシード。2回戦は酪拳会(一般参加)に5勝0敗、3回戦は東千歳駐11普連4中隊に5勝0敗と圧勝した。

 準決勝では、昨年度準優勝の強豪、留萌駐26普連Aチームに3勝1敗1分けで勝利した。決勝では、遠軽駐25普連Aチームと対戦。接戦を制して3勝2敗1分けの僅差で競り勝ち、8年ぶり2度目の優勝を果たした。

 監督の西1曹は、8年前(平成23年)に優勝した大会に大将として出場。「監督になった今、再び優勝を成し遂げられたことは、自分にとってもチームにとっても自信につながった」と話した。その上で、「この全道一強いチームでさらに技術を磨き合い、道内最強チームとして来年3月の2師団武道競技会に臨みたい」と意気込みを語った。

画像2: 全道日本拳法 8年ぶり2度目の優勝|名寄駐屯地
画像3: 全道日本拳法 8年ぶり2度目の優勝|名寄駐屯地
画像4: 全道日本拳法 8年ぶり2度目の優勝|名寄駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 名寄駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/nayoro/index/index.html

2019日本拳法全道団体選手権大会[結果]- 日本拳法連盟
http://www.nipponkempo.jp/scdl/2019/zendou/kekka.htm



This article is a sponsored article by
''.