画像1: 陸海空自共同で基地警備訓練|北熊本駐屯地

 北熊本駐42即機連(連隊長・小見1陸佐)は10月21日から28日の間、陸自西方による「01鎮西演習」の一環として海自鹿屋基地、空自新田原基地、下甑島(しもこしきじま)分屯基地、黒石原演習場などで協同基地警備訓練を行った。

 16式機動戦闘車を増強した普通科中隊を基幹とする各部隊は、陸上・海上・空中機動により各基地に展開。警備要領などを調整し、態勢を確立した。

 42即機連は「不審者などに対する海空自との協同対処要領などについて演練し、基地警備能力の向上を図ることができた」と話している。

画像2: 陸海空自共同で基地警備訓練|北熊本駐屯地
画像3: 陸海空自共同で基地警備訓練|北熊本駐屯地
画像4: 陸海空自共同で基地警備訓練|北熊本駐屯地
画像5: 陸海空自共同で基地警備訓練|北熊本駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 第42即応機動連隊の紹介
https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/8d/butai/42rdr.html

海上自衛隊 鹿屋航空基地
https://www.mod.go.jp/msdf/kanoya/

航空自衛隊 新田原基地
https://www.mod.go.jp/asdf/nyutabaru/


This article is a sponsored article by
''.