画像1: 「希望」テーマに音楽フェス|陸自高工校

 陸自高工校(学校長・堀江陸将補)は12月1日、横須賀市文化会館大ホールで音楽フェス2019を開催した。市民や生徒の保護者ら約1000人が訪れた。

 今年のテーマは「希望~未来への航海~」。吹奏楽部と和太鼓部のほか、昨年から他校とのコラボレーションを取り入れ、今年は海洋科学高校の吹奏楽部生徒も出演した。

 音楽フェスは、吹奏楽部の伴奏による「横須賀市歌」の合唱で幕が開き、生徒たちは日ごろの練習成果を発揮。ドリル部がファンシードリルを披露すると、聴衆は統制のとれた美しさに見入っていた。フィナーレでは、裏方を含む生徒全員が校歌合唱で一丸となり、大きな拍手が送られた。

 会場入口では書道部と美術部の作品展示も行われた。

画像2: 「希望」テーマに音楽フェス|陸自高工校
画像3: 「希望」テーマに音楽フェス|陸自高工校
画像4: 「希望」テーマに音楽フェス|陸自高工校
画像5: 「希望」テーマに音楽フェス|陸自高工校
画像6: 「希望」テーマに音楽フェス|陸自高工校

◆関連リンク
陸上自衛隊 高等工科学校
https://www.mod.go.jp/gsdf/yt_sch/



This article is a sponsored article by
''.