画像1: ヘリ13機、150キロ編隊飛行|八尾駐屯地

 八尾駐中方航空隊(隊長・藤田1陸佐)は1月9日、3飛行隊、中方通信群と協同して「航空隊統一編隊飛行訓練」を実施し、方面隊全体に対する中方総監・野澤陸将による年頭訓示飛行を担任した。

 訓練開始式で藤田隊長は「任務完遂の信念を堅持し、絶対安全の意識の下、厳しい任務を完遂し得る強靭な中部方面航空隊を育成して、各種事態などへの対応に万全を期すことを新年の誓いとする」と訓示を述べた。

 訓練では、隊員を乗せて大阪を出発したUH60J救難ヘリコプターやAH1S対戦車ヘリ、CH47J輸送ヘリの13機が大阪、京都、奈良の上空を約150キロにわたって編隊を組んで飛行した。

画像2: ヘリ13機、150キロ編隊飛行|八尾駐屯地
画像3: ヘリ13機、150キロ編隊飛行|八尾駐屯地
画像4: ヘリ13機、150キロ編隊飛行|八尾駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 八尾駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/yao/

八尾駐屯地 駐屯地紹介 - 中部方面航空隊
hhttps://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/yao/gaiyou.html



This article is a sponsored article by
''.