画像1: 海洋科学高校の生徒に艦艇特別公開|大分地本

 大分地本(本部長・井村1陸佐)は12月13日、臼杵港で海自掃海管制艇「ながしま」の支援を得て、大分県立海洋科学高校1年生37人に艦艇特別公開を行った。

 生徒たちは、掃海管制艇の任務や船の操艦方法、機関室のエンジンの仕組みなどの説明を聞き、消火ホースでの放水を体験した。生徒からは自衛隊の仕事や長期航海について質問があり、乗員が一つひとつ分かりやすく丁寧に回答した。生徒たちは「自衛隊の船の仕事に興味が湧いた」「将来は自衛隊の船のエンジニアも選択肢の一つにしたい」などと話していた。

 大分地本は「今後も艦艇広報などを通じ、自衛隊への理解促進と募集基盤の拡充を図っていく」としている。

画像2: 海洋科学高校の生徒に艦艇特別公開|大分地本
画像3: 海洋科学高校の生徒に艦艇特別公開|大分地本

◆関連リンク
自衛隊 大分地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/oita/

海上自衛隊 第101掃海隊
ながしま
https://www.mod.go.jp/msdf/mf/other/butai/hp/101md/101home.html

大分県立海洋科学高校
http://kou.oita-ed.jp/kaiyoukagaku/



This article is a sponsored article by
''.