画像: 即応予備自に対し災派招集命令書|函館地本

 函館地本(本部長・大石1空佐)は北海道地震発生後の9月8日、即応予備自への災害等招集命令書を即応予備自2人に交付した。

 52普連1中隊所属の寺崎大貴即応予備陸士長は「被災者の役に立ちたい」と招集に応じ、地本庁舎で命令書を受け取った後、函館駐に出頭。同日午後1時、被災地に向けて出発した。

 また、52普連重迫中隊所属の村上正浩即応予備1陸曹は、会社で代表や専務らが見守る中、命令書を受け取った。村上1曹は「東日本大震災でも自ら志願して出頭した。そこで得た経験と教訓を生かして頑張りたい」と話し、東千歳駐に向け出発した。

 函館地本は「今後も一人でも多くの即応予備自の出頭を確保し、1日も早い被災地の復興に貢献していく」としている。


◆関連リンク
自衛隊 函館地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/hakodate/

防衛省・即応予備自衛官制度
http://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/sokuou/



This article is a sponsored article by
''.