画像: 小学生20人 隊員とふれあう|南恵庭駐屯地

 南恵庭駐(司令・遠藤陸将補)は、7月27、28日の両日、同駐で子供キャンプ(曹友会主催)を行った。小学2年から6年の20人が参加した。

 遠藤司令があいさつした後、児童たちはレクリエーションで90式戦車の体験搭乗や野外炊具2号による炊事研修、広報資料館見学を行った。夜は花火を楽しんだ。翌日は自分たちで作ったグライダーを飛ばし、隊員と触れ合って楽しい時間を過ごした。

 小学生の一人は「今年で3回目ですが、何回来ても楽しい。夕食に食べたカレーはとてもおいしく、来年もまたたくさんの思い出をつくりたい」と話した。

 南恵庭駐広報班は「1泊2日の短いキャンプだったが、子供たちやその家族にも自衛隊への理解と信頼を高めてもらえた」としている。



This article is a sponsored article by
''.