【滋賀】大津駐中方混成団(団長・芝1陸佐)の109、110両教育大隊は5月25日から6月3日の間、あいば野演習場と長池演習場で一般曹候補生約750人、自衛官候補生(女子)約270人の25キロ徒歩行進訓練を実施した。

 教育入隊中の新隊員に昼間の長距離行進を経験させ、徒歩行進能力の向上を図るのが目的。新隊員たちは鉄帽や小銃、背のうなどの重装備で25キロ先の目的地を目指し、同期一丸となって訓練に進んだ。

 行進開始直後は余裕のある表情を見せていたが、行程が進み、上り坂にさしかかると、次第に遅れ始める隊員が見られるようになった。

 隊員たちは「全員で25キロを歩き切る」という思いを共有し、遅れる同期の背中を押したり、手を差し伸べるなどして、互いに助け合いながら完歩した。

 訓練を終えた隊員たちは、「同期に迷惑がかからないよう、前に進むことだけを考えて歩いた」「全員で完歩できたことが何よりうれしかった」と話していた。

 中方混団は「前期教育も仕上げ段階に入り、新隊員たちはたくましく成長した。仲間を助け、思いやる気持ちもしっかりと根付いたようだ」と話している。

画像1: 曹候生と自候生1020人が25キロ行進訓練|大津駐屯地
画像2: 曹候生と自候生1020人が25キロ行進訓練|大津駐屯地
画像3: 曹候生と自候生1020人が25キロ行進訓練|大津駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 中部方面混成団 - 編成 - 第109教育第隊、第110教育第隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/macb/html2/30hensei.html

陸上自衛隊 中部方面混成団(大津駐屯地)
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/macb/



This article is a sponsored article by
''.