画像1: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地

 【三重】久居駐業務隊(隊長・渡邊2陸佐)は2月19日から23日の間、中部方面隊が実施する「南海レスキュー01兵站(へいたん)実動訓練」に検証部隊として隊員66人で参加した。久居駐を拠点とした兵站活動に関する検証を行うとともに、災害発生時における一連の対処行動の練度向上を図るのが目的。

 19日早朝、「東海地方で大規模地震が発生した」の想定の下、隊員たちは非常呼集により登庁を開始した。登庁後は災害対処マニュアルに基づき派遣隊員の子供預かり施設や指揮所などを開設。業務隊は駐屯地内各施設の点検、崩壊施設への危険表示、応急的な給・配水施設の開設などの対処行動を斉整と行い、手順の確認や各種施設の開設能力の向上を図った。

 久居駐を拠点とした兵站活動の検証では、宇治、桂両駐に所在する補給処と連携し、臨時の燃料・糧食などの交付所の開設や補給活動を行った。部隊は約7万4000食の非常用糧食と約900本のドラム缶の燃料を駐屯地内に集積。昼夜にわたり補給活動を行い、今後の兵站活動の要領を確立するための資を得た。

 業務隊は「訓練で得た教訓を生かし、いついかなる時も支援任務が継続できるよう練度向上に努めていく」としている。

画像2: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地
画像3: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地
画像4: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地
画像5: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地
画像6: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地
画像7: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地
画像8: 災害時の燃料・糧食補給活動を演練|久居駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 久居駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/butai/sta/hisai/




This article is a sponsored article by
''.