海自1航空群(群司令・川村海将補)は10月7日、鹿児島県知事の要請を受け、諏訪瀬島からの急患輸送を実施した。使用した航空機は22航空群22空隊鹿屋航空分遣隊のUH60J救難ヘリコプター(8972号機)。これにより同隊の急患輸送実施は、昭和35年の開隊以来、累計2500回となった。

This article is a sponsored article by
''.