【宮崎】空自新田原基地(司令・尾山空将補)に所在する新田原救難隊は9月14日の夜間、新田原基地から福岡空港までの災害派遣活動を実施した。同日に生まれた心疾患のある新生児を当日中に宮崎大学病院から福岡県の病院に搬送する必要があったが、民間で対応可能な航空機がなかったため、宮崎県知事から5航空団司令の尾山空将補に災害派遣要請があった。

 要請を受け、尾山司令は救難機を使用する必要があると判断。航空救難団に協力を依頼し、隷下の新田原救難隊による災害派遣が行われた。

 新田原基地では、患者と医師を空自に移管し、宮崎大学病院から福岡空港までU125A捜索救難機で空輸。その後、待機していたドクターカーに患者を移管した。

 緊急空輸された新生児は搬送先の病院で緊急手術を受け、順調に回復に向かっている(9月27日時点での情報)。後日、宮崎大学病院から新田原基地に感謝の手紙が届いた。

 新田原基地広報班は「病院、宮崎県、自衛隊が『患者を助けたい』と心を一つにして行動した災害派遣活動だった」と振り返った。

画像1: 災派要請 心疾患の新生児を緊急空輸|空自新田原基地
画像2: 災派要請 心疾患の新生児を緊急空輸|空自新田原基地
画像3: 災派要請 心疾患の新生児を緊急空輸|空自新田原基地

◆関連リンク
新田原基地について|JASDF 航空自衛隊 新田原基地
第5航空団
https://www.mod.go.jp/asdf/nyutabaru/03nyuta/nyuta3-2.html

航空救難団の組織|航空救難団|防衛省[JASDF]航空自衛隊
新田原救難隊
https://www.mod.go.jp/asdf/arw/syoukai/sosiki/sosiki.html

航空自衛隊 新田原基地
https://www.mod.go.jp/asdf/nyutabaru/index.html

主要装備U-125A|防衛省[JASDF]航空自衛隊
https://www.mod.go.jp/asdf/equipment/kyuunanki/U-125A/index.html

宮崎大学医学部附属病院
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/home/hospital/



This article is a sponsored article by
''.