長野地本(本部長・三笠1陸佐)は8月19日、海自横須賀基地に募集対象者10人を引率し、基地見学を実施した。

 新型コロナウイルス感染防止対策として、参加者の体調確認や検温を実施。基地へ移動する車両でも十分な間隔を確保し、定期的な換気、接触部の消毒を行うなど万全の措置をとった。

 横須賀基地では、横須賀地方総監部などの協力を得て、海士長によるラッパの生演奏や海自の最新鋭イージス護衛艦「まや」の概要説明を聞いた。グループに分かれ、甲板や格納庫も見学。その後、基地の厚生施設などを見学し、昼食をとった。午後は場所を移動して掃海艇「えのしま」に乗艦し、湾内を体験航海した。

 参加者は「実際に護衛艦を見て、その大きさと迫力に圧倒された」と話していた。

 長野地本は「今後も自衛隊への理解の深化と信頼感の醸成を図り、効果的な募集活動を行っていく」としている。

画像1: 護衛艦「まや」

護衛艦「まや」

画像2: 護衛艦「まや」

護衛艦「まや」

画像3: 護衛艦「まや」

護衛艦「まや」

画像1: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像2: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像3: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像4: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像5: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像6: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像7: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像8: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」

画像9: 掃海艇「えのしま」

掃海艇「えのしま」


◆関連リンク
自衛隊 長野地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/nagano/

護衛艦「まや」型|水上艦艇|装備品|海上自衛隊〔JMSDF〕
https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/ddg/maya/

掃海艇「えのしま」型|水上艦艇|装備品|海上自衛隊〔JMSDF〕
https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/msc/enoshima/

海上自衛隊 横須賀地方隊
https://www.mod.go.jp/msdf/yokosuka/



This article is a sponsored article by
''.