自衛官の募集に向けた新たな活動が本格化している。新型コロナウイルス感染症の拡大による自粛解除後、各地でさまざまな取り組みがスタート。7月1日には、高校3年生への募集が解禁された。シリーズ「報告―人材確保の現場から」では、募集、広報などの最前線で活動する地本から寄せられた現場の取り組みをまとめて紹介する。1回目はコロナ禍で実施が危ぶまれていた「母校訪問」。入隊間もないリクルータ隊員たちが恩師らと再会の喜びを分かち合うとともに、母校の教諭や後輩に自衛隊をPRし、地本担当者は募集情報の獲得と自衛隊への親近感の醸成などに努めた。(他写真2枚)


This article is a sponsored article by
''.