【沖縄】陸自15旅団(旅団長・佐藤陸将補)は6月9日から21日の間、那覇駐と大矢野原演習場で旅団爆破訓練を実施した。

 前段訓練では、模擬爆破薬を使用した爆破予習が行われた。後段訓練では、実爆訓練による障害処理要領などの訓練が行われた。

 15施設中隊の沼里3陸曹は「助教要員として参加し、被教育者に対して要点やコツを教育することができた。この訓練で、旅団の爆破技術の向上が図れた」と力強く語った。

画像1: 爆破訓練で実爆による障害処理など演練|陸自15旅団
画像2: 爆破訓練で実爆による障害処理など演練|陸自15旅団
画像3: 爆破訓練で実爆による障害処理など演練|陸自15旅団
画像4: 爆破訓練で実爆による障害処理など演練|陸自15旅団
画像5: 爆破訓練で実爆による障害処理など演練|陸自15旅団
画像6: 爆破訓練で実爆による障害処理など演練|陸自15旅団
画像7: 爆破訓練で実爆による障害処理など演練|陸自15旅団

◆関連リンク
陸上自衛隊 第15旅団
https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/15b/15b/


This article is a sponsored article by
''.