海自イージス護衛艦「きりしま」(艦長・高梨1海佐)は5月20、21の両日、横須賀教育隊第15期一般海曹候補生課程と第22期自衛官候補生課程の計116人による艦艇研修を支援した。

 両課程に今春入隊した候補生約800人は2日間にわたり、きりしまなどの複数の艦艇に分かれて研修を実施。このうち、116人がきりしまを見学した。候補生たちは初めて間近で見るイージス艦をを見て、その迫力に驚きの表情を浮かべていた。

画像1: 曹候生・自候生116人がイージス艦内を見学|海自護衛艦「きりしま」

 案内を担当したのは、きりしまで約1年勤務した昨年入隊の先輩隊員。候補生たちは、艦橋や操縦室、ソナー室、電信室、各種武器などを見て回るとともに、食堂、居住区、保養室(トレーニングルーム)、浴室、洗濯機室などの生活スペースにも足を運び、1時間半の研修で艦艇での生活イメージを膨らませていた。

 候補生たちは「貴重な体験ができた。教育課程を修業したらイージス艦で勤務したい」と話し、皆、充実した表情を浮かべていた。

 きりしまの隊員は「艦艇勤務は、洋上での生活という特殊な環境での勤務となるが、何も心配はない。心優しい船乗りたちが、新しい仲間の乗艦を心待ちにしている」と話していた。

画像2: 曹候生・自候生116人がイージス艦内を見学|海自護衛艦「きりしま」
画像3: 曹候生・自候生116人がイージス艦内を見学|海自護衛艦「きりしま」
画像4: 曹候生・自候生116人がイージス艦内を見学|海自護衛艦「きりしま」
画像5: 曹候生・自候生116人がイージス艦内を見学|海自護衛艦「きりしま」

◆関連リンク
護衛艦「こんごう」型|水上艦艇|装備品|海上自衛隊〔JMSDF〕
174「きりしま」
https://www.mod.go.jp/msdf/equipment/ships/ddg/kongou/

海上自衛隊 横須賀教育隊
https://www.mod.go.jp/msdf/yokokyou/

海上自衛隊
https://www.mod.go.jp/msdf/



This article is a sponsored article by
''.