福岡地本(本部長・深草1陸佐)は5月13日、本部庁舎で令和2年度「第1回援護教育」を実施した。1月以降の退職自衛官の定年延長に先立ち、地本は昨年末に援護施策の一環で同教育の計画を策定。援護担当者の業務遂行能力を向上させ、令和3年からの退職予定隊員の円滑な援助業務に資するのが目的。(写真他2枚)


This article is a sponsored article by
''.