画像1: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊

 【長崎】陸自対馬警備隊(隊長・山口1陸佐)新隊員教育隊は3月3日から6日の間、大矢野原演習場で新隊員後期野営訓練を実施した。昨年10月に入隊した新隊員8人が、教育隊の教官や各中隊の支援隊員の指導による総合訓練に臨んだ。

 3月3日午後5時、隊容検査。教育隊長の箕輪2陸佐は訓練開始にあたり、「一所懸命やるべきことを自ら考え実行せよ」「同期の絆を大切にして任務を完遂せよ」の2点を要望した。

 新隊員たちは午後6時に宿営地を出発し、35キロ行進を開始。夜中に雨が降り始めたが、予定通り翌朝4時半に集結地に到着した。偵察活動の実施後、攻撃準備に移行し、分隊長の命令下達で午前10時に攻撃を始めた。

 雨で足元が取られる状況下、新隊員たちは隊長要望事項を具現化しようと声を掛け合い、若さと気合で数々の難所を乗り越えながら砲迫の最終弾と同時に突撃を敢行。敵を掃討して目標を確保し、逆襲に備えて状況を終了した。

 訓練を終えた新隊員8人は3月12日付で対馬警備隊に配置されたほか、4師団管内の各普通科連隊へと巣立っていった。

画像2: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像3: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像4: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像5: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像6: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像7: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像8: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像9: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像10: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像11: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊
画像12: 新隊員が夜間35キロ行進後、戦闘を演練|対馬警備隊



This article is a sponsored article by
''.