画像1: レンジャー訓練 12人が帰還|陸自15旅団

 【沖縄】陸自15旅団(旅団長・中村陸将補)は3月19日、部隊レンジャー集合訓練の最終想定を終えた12人の帰還式を開いた。レンジャー学生は3月16日から最終想定に臨み、困難な状況を克服して任務を完遂。19日に那覇駐に帰還した。

 担任官で51普連長の谷口1陸佐は「レンジャー隊員として必要な知識や技能、強靭な体力、不撓不屈(ふとうふくつ)の精神力をもって、困難な状況の中、最後までよく任務に邁進(まいしん)した。胸に輝くレンジャー徽章(きしょう)をさらに磨き続け、他隊員の模範として陸自のために貢献してほしい」と訓示した。

 訓練に参加した51普連1中隊の嘉数3曹は「無事に任務を完遂できた喜びと、支えてくれた家族や指導していただいた教官への感謝の気持ちでいっぱいです。教育で学んだ技術や精神力を今後の勤務に生かしたい」と話していた。

画像2: レンジャー訓練 12人が帰還|陸自15旅団
画像3: レンジャー訓練 12人が帰還|陸自15旅団
画像4: レンジャー訓練 12人が帰還|陸自15旅団

◆関連リンク
陸上自衛隊 第15旅団
https://www.mod.go.jp/gsdf/wae/15b/15b/



This article is a sponsored article by
''.