画像1: 有事想定し警察と共同訓練|多賀城駐屯地

 【宮城】多賀城駐22即機連(連隊長・大場1陸佐)は2月17、18の両日、同駐で警察と共同訓練を実施した。有事の際、相互に連携して事態の早期鎮静化を図るため、共同対処能力を向上させるのが目的で、毎年の実施。

 22即機連の隊員は、警察官と共に共同調整所を開設し、維持、運営要領、共同検問時の対処要領を確認した。

 多賀城駐広報班は「訓練を通じて相互の能力を理解し、対処要領を再確認できた。今後も警察との連携をさらに強化して地域の安定化に努める」としている。

画像2: 有事想定し警察と共同訓練|多賀城駐屯地
画像3: 有事想定し警察と共同訓練|多賀城駐屯地
画像4: 有事想定し警察と共同訓練|多賀城駐屯地

◆関連リンク
陸上自衛隊 第22即応機動連隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit/22rdr.html

陸上自衛隊 多賀城駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/tagajo_hp/index.html

This article is a sponsored article by
''.