画像1: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地

 弘前駐39普連(連隊長・木原1陸佐)は1月2日から2月6日の間、米国ルイジアナ州フォート・ポルクで行われた米陸軍統合即応訓練センター(JRTC)での共同訓練に参加した。アラスカ米陸軍25歩兵師団隷下の歩兵戦闘旅団約6000人との共同作戦で、39普連と9偵察隊から選抜された計196人とカナダ軍空挺大隊約600人が共同部隊として訓練に臨んだ。同訓練への参加は陸自初。

 参加部隊は、約10日間の作戦準備の後、13日から状況下訓練を開始した。当初、39普連は米旅団の兵站支援地域の防護を担任。迅速に監視網と防護態勢を確立し、旅団の戦力展開を支援した。

 その後、旅団の攻勢作戦の移行に伴い、敵特殊部隊が潜伏する集落を攻撃。目標を奪取するとともに米軍と連携して民事作戦を展開し、旅団の攻勢作戦を促進させた。また、敵の化学攻撃や特殊部隊の襲撃などに対処し、要点確保や兵站支援地域の警戒防護に復帰するなど、各種任務を完遂した。

 39普連は、米旅団と連携した実戦さながらの戦闘射撃訓練にも参加。超過間隙射撃や建物内掃討での至近距離射撃などの実戦的射撃において、重迫撃砲や小火器の戦闘射撃で参加部隊の中、最も高い命中率を記録し、陸自の精強性を示した。

 39普連広報班は「隊員は過酷な環境下で粘り強く戦い、様々な場面で高い練度を示した。今後も訓練で得た教訓を活かし、さらなる部隊の精強化を目指す」としている。

画像2: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像3: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像4: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像5: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像6: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像7: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像8: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像9: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像10: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像11: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像12: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像13: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像14: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像15: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地
画像16: 精鋭196人、米国で共同訓練|弘前駐屯地

◆関連リンク
陸自初の米陸軍統合即応トレーニング・センター(JRTC)における日米共同訓練|陸上自衛隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/news/train/2020/20200125.html

陸上自衛隊 第39普通科連隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/hirosaki/hirosaki/custom12.html

陸上自衛隊 第9偵察隊
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/hirosaki/hirosaki/custom13.html

陸上自衛隊 弘前駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/neae/hirosaki/hirosaki/



This article is a sponsored article by
''.